スマホ代を安くしたいなら
楽天モバイルもチェック!
当サイトは広告を設置しています(詳細

イオンモバイルの契約事務手数料(初期費用)は?割引となるキャンペーンはあるの?エントリーパッケージは?

イオンモバイル 初期費用 無料?
広告

格安SIMに限った話ではありませんが、新規契約もしくは乗り換えとなると事務手数料やその他乗り換え時の費用が気になります。

イオンモバイルでは申し込み時に必要な初期費用として、契約事務手数料に相当する「SIMカード代金(事務手数料相当額)」が必要です。

イオンモバイルの初期費用はどのくらいなのか、初期費用が無料や割引となるキャンペーンはあるのかどうか調べてみました。

イオンモバイルの契約事務手数料

イオンモバイルの契約事務手数料については以下となります。

イオンモバイルの契約事務手数料
さいてきプラン(0.5GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(1GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(2GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(3GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(4GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(5GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(6GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(7GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(8GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(9GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン(10GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(20GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(30GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(40GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(50GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(60GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(70GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(80GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(90GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(100GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(150GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)
さいてきプラン MORIMORI(200GB)
└ 契約事務手数料:3,300円(税込)

イオンモバイルでは、基本的に契約事務手数料が必要なことがわかりましたが、契約事務手数料が無料や割引されるキャンペーンがないか確認していきます。

広告

契約事務手数料が割引となるイオンモバイルのキャンペーン

イオンモバイル公式サイトでは、SIMカード代金(事務手数料相当額)が半額になるキャンペーン等、契約事務手数料に関するキャンペーンを開催している場合があります。

契約事務手数料が割引されるキャンペーンが開催されているかどうかは、イオンモバイル公式サイトで確認ができます。

\公式サイトをチェックする/

イオンモバイルエントリーパッケージ

イオンモバイルの契約事務手数料をお得にする方法として、イオンモバイルエントリーパッケージを購入する方法があります。

イオン店舗限定「イオンモバイルエントリーパッケージ」

イオンモバイルエントリーパッケージをイオンモバイル店舗で購入し、WEB上で音声SIMのプランまたはシェアプランを申し込みすると、2,000 WAON ポイントをもらえる特典があります。

エントリーパッケージは 3,300円(税込)で1枚分のSIMカード分の費用になります(2024年1月1日現在)。しかし 2,000 WAON ポイントバックがあるので、WAON ユーザーにとっては契約事務手数料割引と考えられる方法の1つです。

広告

ヤフーショッピング「イオンモバイルエントリーパッケージ」

ヤフーショッピングのイオンモバイルオンラインショップでイオンモバイルエントリーパッケージが販売されています。

3,300円(税込)の1枚分のSIMカードの販売額になりますが、条件をクリアすることで何パーセントか還元されるサービスがあります(2024年1月1日現在)。

ヤフー会員で PayPay ユーザーであれば、ヤフーショッピングのキャンペーンを利用してPayPayポイントバックなど、お得に入手できることもあるので、ヤフー会員特典をチェックしてみるのも契約事務手数料割引と考えることができる1つの方法です。

※ヤフーショッピング等で取り扱いがなくなる場合もあります。

契約事務手数料以外のイオンモバイルのキャンペーンを利用してみよう

イオンモバイルでは初期費用として契約事務手数料に相当する「SIMカード代金(事務手数料相当額)」が必要ですが、キャンペーンにより WAON ポイントで契約事務手数料分やまたはそれ以上のポイント還元がされる場合もあります。

他社から乗り換え(MNP)で申し込みをすることや、支払い設定をイオンカードにすることなどの条件がある場合が多いですが、キャンペーン内容や条件は都度イオンモバイル公式サイトで発表されています。

初期費用を抑えつつイオンモバイルに乗り換えを検討の場合には、ぜひキャンペーンも併せてイオンモバイル公式ページでチェックしてみて下さい。

\公式サイトをチェックする/

コメント

タイトルとURLをコピーしました