スマホ代を安くしたいなら
NUROモバイルもチェック!
当サイトは広告を設置しています(詳細

スマホの買い替え時期はいつ?安いタイミングを狙ってお得に機種変更+通信費を見直しする

スマホ 買い換える時期
広告

現代においてスマホは必需品と言っても過言ではないほどなくてはならないものとなりましたが、そのスマホを買うタイミングは人によって異なります。

毎年最新機種に買い替えるという人もいれば、2年毎に買い替えるという人もいるでしょうし、2年以上同じスマホ(携帯)を使い続けて壊れたタイミングで買い替えるという人もいると思います。

長く使えることは良いことですが、スマホは精密機器である以上一定の期間が過ぎるとメーカーの保証やサポートが受けられなくなるのも現実。

では、どのようなタイミングでスマホを買い換えるのが良いのか?

この記事では、スマホを買い替える目安となるもの、スマホを買い換えるタイミング、スマホの買い替えと同時に通信費の見直しをすることなどを記載します。

参考にご覧いただきましたら幸いです。

スマホを買い換える目安になるもの

スマホを長く使っていると「電池の減りが早い」「アプリが遅い」などの不具合や不満が出てくることもあると思います。

  • バッテリーがもたなくなった
  • アプリの動作が重たい(サポート終了となった)
  • OSやアプリのサポートが対象外となった
  • 終了間近の通信システムを使用している

バッテリーの問題、アプリの動作、OSやアプリのサポート、契約している通信プラン(3G等)など様々なケースが考えられますが、スマホの買い替えの目安になるものについて、いくつかの例を見ていきましょう。

バッテリーがもたなくなった

スマホ買い替えの目安 バッテリーがもたなくなった

スマホのバッテリーは一般的に使用するほど劣化します。2年以上使用しているとそれなりに劣化が進行してきます。

スマホにインストールしているアプリや設定にもよりますが、例えば、朝の通勤時間にメールチェックやインターネットで調べ物や買い物をするような(3Dゲームアプリや位置情報をバックグラウンドで取得するアプリのようにバッテリーを消費するアプリを利用していない)使い方で、朝に100%あったフル充電がお昼過ぎや夕方には充電がなくなってしまっている場合はバッテリーの劣化の可能性があります。

また、バッテリーには最大容量というものがあり、新品のスマホ(商品出荷時)はバッテリーの最大容量は100%ありますが、使用するにつれてバッテリーの最大容量は減っていきます。

このバッテリーの最大容量が80%未満になるとバッテリーが劣化している旨のメッセージがスマホ画面に表示される場合があります。

バッテリーの最大容量が80%未満と表示されている場合にはバッテリーの劣化が進んでいることが考えられますので、お使いのスマホの買い替えを検討する時期であると判断することができます。

アプリの動作が重たい(サポート終了となった)

スマホ買い替えの目安 アプリの動作が重たい

スマホを長く使っているとアプリの動作が重たいと感じることや、アプリが開かなくなる(落ちてしまう)こともあります。

このような症状は、写真やアプリ内データ等でストレージ容量がいっぱいになって発生している可能性がありますので、写真やアプリ内データを整理して改善するか確認するのも一つの方法です。

それでも改善しない場合はバックアップして初期化することで改善が見られるか確認する方法もありますが、バックアップと初期化に失敗するとデータを失う可能性がありますので、心配な場合は初期化はせずに新しいスマホに買い替えてデータを安全に移行することが無難かもしれません。

OSやアプリのサポートが対象外となった

スマホ買い替えの目安 サポートがなくなった

スマホの基本ソフトである OS(オペレーションシステム)には、iPhone 用の iOS と Android 用の Android OS があります。

iPhone の場合は 新しい iOS が発表された際にサポートから外れてしまう iPhone のモデルを知ることができます。Android は購入したキャリアまたはメーカーからアップデートが配信されますが、機種毎にサポートされる期間は異なります。

スマホの発売から数年が経過するとOSのアップデートのサポート対象外となることがあり、OSのアップデートが提供されないスマホを使い続けることは新しい機能が使えないことやセキュリティのレベルが低くなることにつながります。

また、アプリがアップデートを配信する際に、古いOSのサポートを対象外とする場合があります。

アプリのアップデート後、古いOSのまま使えるアプリもあれば古いOSでは使えないアプリもありますが、古いOSでは使えないアプリの場合はアプリの要件に合うOSにアップデートする必要があります。

OSのアップデートができない(OSのサポートが対象外となった)場合や普段よく使うアプリが使えなくなる(アプリのサポートが対象外となった)場合は、お使いのスマホの買い替えを検討する時期であると判断することができます。

終了間近の移動通信システムを使用している

スマホ買い替えの目安 終了間近の移動通信システムを使用している

携帯電話のネットワークシステムである移動通信システムは、第1世代(1G) / 第2世代(2G) / 3G / 4G(LTE)/ 5G / 6G … のように時の流れとともにシステムが刷新されています。

現在では 5G / 4G が主流となり、3Gが終了となりつつあります。

※ NTTドコモは2026年3月31日に3Gサービスの終了を予定しており、ソフトバンクは2024年4月15日に3Gサービスを終了、auは2022年3月31日に3Gサービスを終了しました。

3Gサービスが終了となった時に 5G / 4G に対応していないスマホを使用している場合、電話やデータ通信ができないような事態となります。

上記の例で言えば、現在3Gのスマホ(またはガラケー)を使用している場合は、終了間近の通信システムを使用していることとなりますので、お使いのスマホの買い替えと最新の移動通信システムに対応した料金プランを検討する時期であると判断することができます。

広告

楽天モバイルなら月額料金が安く、最新 iPhone がキャンペーンの対象になる場合もあります。

スマホの買い替えを検討している場合は楽天モバイルも要チェック!

\公式サイトをチェックする/

スマホは2年で買い替えが必要?

スマホを購入する際、24回の分割払いで購入したり、本体を返却することを条件に48回の分割払いで残りの24回は支払いが不要となるプログラムで購入したり、24回=2年間は支払いし続ける割賦契約でスマホを購入したことがある人も多いと思います。

NTTドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの大手キャリアではこのような購入方法を勧めてきた結果、スマホは2年で買い替えのタイミングと印象付いているのかもしれません。

前述(スマホを買い換えるタイミングについて)で記載した内容と重複しますが、スマホを2年間使うとバッテリーはそれなりに劣化が進んでいると考えられます。

あくまでも可能性や一般論であり、スマホの使い方によっては2年でバッテリーが劣化していない場合もありますし、2年で OS のサポートの対象外とならない場合もあります。

バッテリーの最大容量も80%〜90%ほど残っている、アプリの動作も良好、OSもサポートが継続と言った状態であれば、必ずしも2年で買い替えが必要というわけではありません。

契約している料金プランによりますが、現在のスマホの料金プランは2年縛りで更新月以外は解約違約金が発生するということもありません。

2年というのはバッテリーの劣化やスマホ本体が古くなる一つの目安となることは事実ですので、買い替えるタイミングのひとつとして捉えておくのは良いと思います。

広告

スマホを買い換えるタイミングについて

バッテリーの問題、アプリの動作、OSやアプリのサポート、契約している通信プラン(3G等)、などスマホの買い替えの目安になるものをご紹介しましたが、次に買い替えるタイミングについて、いくつかの例を見ていきましょう。

分割払いが終了したら新しいスマホに買い替える

スマホ買い替えのタイミング 分割払い終了のタイミング

24回払いや48回払いなどの割賦契約でスマホを購入している場合、その支払いが完了する前に新しいスマホに買い換えてしまうとスマホ代金が二重にかかってしまいます。

そうならないために、分割払いの支払いが完済(割賦契約満了)となってから新しいスマホを買い替えるのが賢明です。

分割払いで購入した時に契約した料金プランも古いプランのままの可能性がありますので、スマホの買い替えと合わせて料金プランの見直しにも良いタイミングです。

スマホが安売りされるキャンペーン時期に買い換える

スマホ買い替えのタイミング セール時期

スマホ業界では、NTTドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなどの大手キャリア、ワイモバイル・UQモバイル(サブブランド)、格安SIM各社がキャンペーンを開催しスマホの買い替えを促進しています。

キャンペーンは、実店舗であれば土日祝に開催する機会が多く、オンラインではキャリア事に異なりますが、1ヶ月事に入れ替えでキャンペーンを開催しているキャリアもあれば、イレギュラー(突発的)にキャンペーンを開催しているキャリアもあります。

スマホ業界が最も過熱するのが2月〜3月にかけての年度末/決算時期です。

iPhone は毎年9月に新作が発売されますが、1つ2つ前のモデルを在庫特価のセール価格で2月〜3月に販売する可能性があります。

また、お正月の初売りセール、11月のブラックフライデーセール、クリスマス/ホリデーギフト/年末セールにもスマホがセール価格で販売されることがあります。

スマホが安売りされるキャンペーン時期
  •  1月 初売りセール
  •  3月 年度末/決算セール
  • 11月 ブラックフライデーセール
  • 12月 クリスマス/ホリデーギフト/年末セール

これらのセール時期を狙うと普段より安くスマホを買い替えられる可能性が高まりますので良いタイミングです。

広告

楽天モバイルなら月額料金が安く、最新 iPhone がキャンペーンの対象になる場合もあります。

スマホの買い替えを検討している場合は楽天モバイルも要チェック!

\公式サイトをチェックする/

スマホの買い替えと同時に通信費の見直しをする

スマホを実際に買い替えるとなると、スマホだけを購入して今の料金プランを使い続ける場合もあれば、スマホの買い替えと同時に料金プランの見直しが必要な場合があります。

現在、携帯またはスマホの料金に月々5,000円以上(携帯代を合わせて7,000円〜10,000円以上)支払っていると言う場合には、スマホの買い替えと同時に料金プランの見直しをすることで毎月の携帯またはスマホの料金を安くすることができる可能性があります。

料金を安くするには格安SIMに代表される安い料金プランを選ぶ必要がありますが、NTTドコモ・au・ソフトバンク回線から選べます。

ahamo・povo・LINEMO

NTTドコモから ahamo(アハモ)、au(KDDI)から povo(ポヴォ)、ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)というオンライン専用のブランドがあります。

契約や各種手続きをオンラインで手続きすることが条件の料金プランですが、それぞれNTTドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用した料金プランですので、繋がりやすさはNTTドコモ・au・ソフトバンクと遜色ない上に、格安SIMに匹敵する料金の安さに特徴があります。

ただし、povo と LINEMO についてはスマホの販売を行なっていないため、スマホは自分で用意して料金プラン(SIMカード)をオンラインで契約して使い始める必要がありますので、スマホとセットで購入したいという場合には不向きなところがあります。

ahamo については料金プラン(SIMカード)の契約と同時にスマホを購入することができますので、スマホと料金プラン(SIMカード)を別々に手配するのは不安という場合には最適な料金プランのひとつと言えます。

ahamo の料金プラン
ahamoプラン
└ 基本料金:2,970円(税込)/月
\公式サイトをチェックする/

他社から乗り換え(MNP)の場合にはスマホに割引が適用されるキャンペーンを開催している場合もあります(NTTドコモからの料金プラン変更は対象外)。

キャンペーンを利用してスマホを買い替えるのも良いタイミングだと思います。

UQモバイル・ワイモバイル

au(KDDI)のサブブランドとしてUQモバイル、ソフトバンクのサブブランドとしてワイモバイルがあります。

au またはソフトバンクの店頭やオンラインどちらでも契約できる点や自宅のインターネットと合わせてお得になるのが特徴です。

UQモバイル

UQモバイルは au 回線を利用していますので au 回線を利用している人にとっては選びやすいブランドで、以下のような料金プランを提供しています。

UQモバイルの料金プラン
ミニミニプラン
└ 基本料金:2,365円(税込)/月
コミコミプラン
└ 基本料金:3,278円(税込)/月
トクトクプラン
└ 基本料金:3,465円(税込)/月

料金プラン(SIMカード)の契約と同時にスマホを購入することができますので、スマホと料金プラン(SIMカード)を別々に手配するのは不安という場合には最適な料金プランのひとつと言えます。

UQモバイルオンラインショップではミドルクラスの性能のスマホを中心に取り揃えており、au 認定中古品の取り扱いもあります。

他社から乗り換え(MNP)でスマホ本体が割引されるキャンペーンが開催されており、オプションの加入により割引額が増額する場合もあります(au・povoからの乗り換えは対象外の場合あり)。

スマホの買い替え時にはUQモバイルオンラインショップをチェックしてみるのもおすすめです。

\公式サイトをチェックする/

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用していますのでソフトバンク回線を利用している人にとっては選びやすいブランドで、以下のような料金プランを提供しています。

ワイモバイルの料金プラン
シンプル2 S
└ 基本料金:2,365円(税込)/月
シンプル2 M
└ 基本料金:4,015円(税込)/月
シンプル2 L
└ 基本料金:5,115円(税込)/月

料金プラン(SIMカード)の契約と同時にスマホを購入することができますので、スマホと料金プラン(SIMカード)を別々に手配するのは不安という場合には最適な料金プランのひとつと言えます。

スマホ大特価セール・ソフトバンク認定中古品・機種変更セール・在庫処分セール・タイムセールなど、ワイモバイルでは多数のキャンペーンを展開しています。

新規契約・他社から乗り換え(MNP)・加入する料金プランなど条件はスマホ事に異なりますが、スマホを割引して販売しています(ソフトバンク・LINEMO・ソフトバンク系の格安SIMからの乗り換えは対象外の場合あり)。

ワイモバイルのセールは定期的にスマホの入れ替えが行われますので気になった時が買い時かもしれません。

\公式サイトをチェックする/

格安SIM

格安SIMはその言葉の通り月額のスマホ料金が安い通信キャリア(通信事業者)の総称で、NTTドコモ・au・ソフトバンクの回線を使って通信事業を運営しています。

料金プランにより使えるデータ容量と金額は異なりますが、安いものでは1,000円以下の通信費にすることが可能です。

格安SIMを運営している会社は多数ありますが、当サイトでも特に注目している IIJmio(アイアイジェイミオ)についてご紹介します。

IIJmio

IIJmio は NTTドコモ・auの回線から選べる格安SIMで、以下のような料金プランを提供しています。

IIJmio の料金プラン
2ギガプラン(音声)
└ 基本料金:850円(税込)/月
5ギガプラン(音声)
└ 基本料金:990円(税込)/月
10ギガプラン(音声)
└ 基本料金:1,500円(税込)/月
15ギガプラン(音声)
└ 基本料金:1,800円(税込)/月
20ギガプラン(音声)
└ 基本料金:2,000円(税込)/月
30ギガプラン(音声)
└ 基本料金:2,700円(税込)/月
40ギガプラン(音声)
└ 基本料金:3,300円(税込)/月
50ギガプラン(音声)
└ 基本料金:3,900円(税込)/月

料金プラン(SIMカード)の契約と同時にスマホを購入することができる期間限定のスマホ大特価セールを行っている場合があり、スマホ大特価セールでは最新のスマホも積極的にラインナップに登場します。

さらに初期費用の割引、かけ放題オプションの割引などのキャンペーンも同時開催しており、スマホ大特価セールと併用できる場合があります。

スマホの買い替えと通信費の見直しを同時に行う際のおすすめの格安SIMのひとつです。

開催されるセール・キャンペーンはその都度条件がありますので、詳しくは IIJmio 公式サイトをご確認ください。

\公式サイトをチェックする/

楽天モバイル

楽天モバイルは2020年4月に大手キャリアとして参入、独自の楽天モバイル回線にて通信事業をスタート、現在では以下のような料金プランを提供しています。

楽天モバイルの料金プラン
Rakuten最強プラン(〜3GB)
└ 基本料金:1,078円(税込)/月
Rakuten最強プラン(3〜20GB)
└ 基本料金:2,178円(税込)/月
Rakuten最強プラン(20GB〜)
└ 基本料金:3,278円(税込)/月

この目を引く料金プランに合わせ、楽天市場と連動して iPhone や Android のスマホを安く販売する場合があります。

楽天モバイルの回線とセットで購入するとさらに割引が適用される場合もあり、安くお得にスマホを買い替えるという意味では見逃せないキャリアであることは間違いありません。

ただし、楽天モバイルはNTTドコモ・au・ソフトバンクと並ぶ大手キャリアとなりましたが、後発ということもあり基地局の数も3社と比較して少なく、使う場所によっては繋がりにくいこともあるかもしれません。

楽天モバイル公式サイトでは、楽天モバイル回線がカバーしているエリアを確認することができますので、繋がりやすさを理解した上で契約するというのが大切だと考えます。

楽天モバイルに興味があるけどメイン回線で乗り換えするのは不安という場合は、通信障害時のための2回線目として使用してみるのもいいかもしれませんね。

\公式サイトをチェックする/

5G 対応のスマホに買い替えしたい

5G 対応のスマホに買い替えしようとした時、どのスマートフォンが 5G に対応しているのかわからないといった悩みはありませんか?

iPhone の場合は iPhone 12 以降のモデルを購入すれば 5G に対応しますが、Android は機種が多いため iPhone のように一言で説明できるものでもありませんのでメーカーのホームページで 5G に対応しているかどうか確認することになります。

5G に対応しているかどうか確認する方法はメーカーのホームページが一番信頼できる情報ですが、販売店の情報や情報サイトでも調べることは可能です。

スマホの買い替え時期やタイミングのまとめ

最後にもう一度、スマホの買い替え時期やタイミングについておさらいします。

スマホの買い替えの目安となる症状や状況のついて以下のようにまとめました。

スマホの買い替えの目安となるもの
  • バッテリーがもたなくなった
  • アプリの動作が重たい
  • OSやアプリのサポートが対象外となった
  • 3Gなど終了間近の移動通信システムを使用している

これらに当てはまる場合にはスマホの買い替えを検討し始めるタイミングであると判断することができます。

スマホは2年で必ず買い替える必要はありませんが、2〜3年ほど使っていると上記のいずれか(特にバッテリーの消耗)に該当する場合もでてきますし、24回や36回払いの分割払いをしている場合は分割払いが終了したタイミングにも入りますので、2〜3年という期間も目安として捉えておくと良いと思います。

スマホ本体を買い替える方法は様々ありますが、オンラインショップも充実してきているので、各社の特徴などを見ながら好みに合わせて、キャンペーンの時期を狙うとよいかもしれません。

2〜3月の時期は特に携帯業界が盛り上がりを見せる時期ですので、その時期を中心にセール商品を狙うとスマホを安く購入できる場合があります。

スマホが安売りされるキャンペーン時期
  •  1月 初売りセール
  •  3月 年度末/決算セール
  • 11月 ブラックフライデーセール
  • 12月 クリスマス/ホリデーギフト/年末セール

スマホの買い替えと同時に契約している料金プランの見直しをすることで通信費が安くなる場合があります。

注目したいキャリアとして、ahamo・UQモバイル・ワイモバイル・IIJmio・楽天モバイルなどをご紹介しました。

  • ahamo
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • IIJmio
  • 楽天モバイル
ahamoプラン
└ 基本料金:2,970円(税込)/月
\公式サイトをチェックする/
ミニミニプラン
└ 基本料金:2,365円(税込)/月
コミコミプラン
└ 基本料金:3,278円(税込)/月
トクトクプラン
└ 基本料金:3,465円(税込)/月
\公式サイトをチェックする/
シンプル2 S
└ 基本料金:2,365円(税込)/月
シンプル2 M
└ 基本料金:4,015円(税込)/月
シンプル2 L
└ 基本料金:5,115円(税込)/月
\公式サイトをチェックする/
2ギガプラン(音声)
└ 基本料金:850円(税込)/月
5ギガプラン(音声)
└ 基本料金:990円(税込)/月
10ギガプラン(音声)
└ 基本料金:1,500円(税込)/月
15ギガプラン(音声)
└ 基本料金:1,800円(税込)/月
20ギガプラン(音声)
└ 基本料金:2,000円(税込)/月
30ギガプラン(音声)
└ 基本料金:2,700円(税込)/月
40ギガプラン(音声)
└ 基本料金:3,300円(税込)/月
50ギガプラン(音声)
└ 基本料金:3,900円(税込)/月
\公式サイトをチェックする/
Rakuten最強プラン(〜3GB)
└ 基本料金:1,078円(税込)/月
Rakuten最強プラン(3〜20GB)
└ 基本料金:2,178円(税込)/月
Rakuten最強プラン(20GB〜)
└ 基本料金:3,278円(税込)/月
\公式サイトをチェックする/

まとめると上記のようなことを記載してきました。

この記事でご紹介したスマホの買い替えの時期やタイミングは一例ですが、当サイトの運営者の経験や考えが含まれています。

今後もスマホの買い替えに関する情報収集と実践を交えながら、その経験や考えをアップデートしていき、このような場で情報発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました